14:57 2018年08月22日
安倍首相、プーチン大統領

安倍首相の対露政策にとって、12月のプーチン大統領との会談は鍵となるー日経新聞

© Sputnik / Alexei Druzhinin
政治
短縮 URL
東方経済フォーラム (92)
0 94

今年12月に予定されているプーチン大統領の日本訪問は、安倍首相の領土問題、日露平和条約調印問題における現在の政策にとって鍵となるだろう。日経新聞で今日3日公開された記事にそうかかれている。

日経は外務省幹部の次の言葉を引用した。

「これほど首脳同士の力量が試される会談は近年ない」

また外務省幹部は、安倍首相が長く首相の座についているからこそ、このような勝負が可能になったと述べている。

また、日経では次のように指摘されている。

「首相が語る「信頼関係をもとにした解決策」の一つが経済協力の深化を先行させるアプローチだ。安倍政権で影響力を持つ経産省人脈を生かし、商社など企業と政府が連携してロシアを動かす戦略を描く」

首相は「世耕弘成経済産業相に、新たに「ロシア経済分野協力担当相」を兼務させることを決定。」

2日、東方経済フォーラムの場で日露首脳会談が行われた・

トピック
東方経済フォーラム (92)

関連:

安倍首相にウラジオストクガイドになる提案
日本国有銀行 ロシア大規模プロジェクトに100%融資の可能性
タグ
露日関係, ロシア, 日本
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント