19:11 2020年08月11日
政治
短縮 URL
0 61
でフォローする

米国のケリー国務長官が杭州のG20サミットに合わせて開かれたロシアのラヴロフ外相との会談の結果を明かした。

米国とロシアはシリアに関する多くの技術的問題について合意したが、「若干の解決すべき点」が残っているという。

また、シリアに関する不一致を克服することができるかどうかを確認するために、5日にラヴロフ外相と会うことで合意したという。

ラヴロフ外相とケリー長官はG20サミットに合わせて会談を行った。

関連:

G20は議論のクラブでなく実行するチームとせねばならない―習近平国家主席
安倍首相、G20サミットへの期待を語る
タグ
G20, ジョン・ケリー, セルゲイ・ラブロフ, シリア, 米国, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント