15:20 2018年10月23日
オバマ大統領

オバマ大統領 プーチン大統領との会談の詳細を明かす

© AP Photo / Evan Vucci
政治
短縮 URL
109

オバマ大統領等とプーチン大統領との会談はビジネスライクに進み、もともと予定されてたより長く続けられた。5日、ホワイトハウスの報道官の情報を元に報じた。

スプートニクはオバマ大統領の次の言葉を掲載した。

「普通プーチン大統領との会談はオープンで、率直でビジネスライクな雰囲気で行われる。そして今回の会見も例外ではない」

特に、オバマ大統領によると、両首脳はシリア情勢について話し合ったという。

オバマ大統領は、ロシア政府と米政府は今のところ立場を近づけることができなかったと指摘しつつ、次のように答えた。

「我われは、ロシアと米国がダーイシュ(イスラム国、IS)のような共通の敵に集中できるような現実的な停戦状態はどのようなものになるかということについての、実りある会談を行った」

関連:

ナショナル・インタレスト、米国がロシアと中国との「二重の戦争」を遂行できるかを語る
専門家:西側のロシア悪魔化は冷戦時代を超えている
タグ
露米関係, ウラジーミル・プーチン, バラク・オバマ
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント