02:43 2020年05月30日
政治
短縮 URL
137
でフォローする

日本は、北朝鮮のミサイル発射を知らせる新システムの運用を開始した。NHKが報じた。

NHKによると、既に存在しているJアラート(全国瞬時警報システム)は、自治体などに緊急情報を発信するが、船舶と航空機はほぼ対象となっていなかったため、「政府は日本の領海・領空だけでなく、排他的経済水域など日本周辺の船舶と航空機も対象に、ミサイルの発射を迅速に知らせる新たなシステムの運用を始めた」という。

なお新システムは、数段階で情報を伝達する。まず内閣官房が国土交通省、海上保安庁、水産庁とミサイル発射の情報を共有し、各省が漁業無線や航空機用の無線などを通じて情報伝達を行う。NHKが報じた。

また政府は、情報伝達の時間を短縮するためにメールの自動送信機能の活用なども検討しているという。

北朝鮮は5日、日本海に向け、弾道ミサイル3発を発射した。

関連:

ミサイル設置で中国と韓国の関係にヒビ?
日本、ミサイル複合体のシステムを改良
タグ
日本
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント