05:05 2020年07月13日
政治
短縮 URL
171
でフォローする

北朝鮮訪問を終えた日本のアントニオ猪木参議院議員は、朝鮮労働党中央委員会副委員長で外務大臣を務めた経験を持つリ・スヨン氏との会談について報告し、リ副委員長は10日、北朝鮮の核実験について「日本に向けられたものではない」と言明したと述べた。

スポーツ交流を目的に北朝鮮を訪問したアントニオ猪木参議院議員は⒑日、リ・スヨン副委員長と会談し、日本への帰途、北京で記者会見を開き、その中で会談の内容を伝えた。

猪木参議院議員によれば、リ・スヨン副委員長と約1時間半款談したさい、副委員長は、次のように述べた―「核実験は、日本ではなく米国に向けられたものだ。我々は、予防的な先制核攻撃にすがるつもりはないが、もし米国が共和国の殲滅を考えるのであれば、我々は、自国の核兵器を持って戦うだろう」。

なお猪木議員は、北朝鮮の指導者キム・ジョンウン(金正恩)委員長からのメッセージも受け取った。その中では、猪木氏がこの時期にピョンヤンを訪れた事へのお礼が述べられている。

9日、金曜日、北朝鮮は、核実験の成功を世界に発表した

関連:

北朝鮮が新たな核実験を準備、韓国が明らかに
北朝鮮外相が北京入り、目的は不明
北朝鮮で史上最大の壊滅的な洪水、死者数は133人に達する
タグ
日本, 北朝鮮, 米国
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント