06:35 2018年09月20日
ペスコフ報道官

ペスコフ報道官、米大統領選の「悪名高いロシア嫌い」について声明

© Sputnik / Alexei Nikolskiy
政治
短縮 URL
1200

ロシア政府は米大統領選挙における「悪名高いロシア嫌い」の表れを注視しているとのドミトリー・ペスコフ大統領報道官の発言をマスコミが報じた。

ペスコフ報道官は次のように述べた。

「残念ながら、このような悪名高いロシア嫌いの現われが続いているさまを見ることができる。我われはこの件に関し遺憾の意を示すことしかできない」

特に、ペスコフ報道官はオバマ現大統領の選挙用のレトリックを指摘した。ペスコフ報道官によるとその文言は「せめて何らかの相互信頼」確立という「弱々しく非常に壊れやすい」試みの成功には寄与していないという。

先に伝えられたところ、米紙はクリントン氏のあまりに反露的な選挙用レトリックを嘲笑し、氏のスピーチの全体に渡る考えを次の1文にまとめた「全部プーチンのせい」

関連:

米国 ロシアに関する制裁の一部を解除
ラヴロフ外相:ロシアと米国はシリアのテロリストに対する攻撃を調整する
タグ
選挙, 露米関係, 米国, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント