13:09 2018年09月25日
ウラジーミル・プーチン

伊紙 プーチン大統領を「政治家のクリント・イーストウッド」と呼ぶ

© AP Photo / Alexei Druzhinin/ Sputnik, Kremlin Pool
政治
短縮 URL
0 81

イタリアの新聞レプブリカのロベルト・トスカーノ評論員は、ロシアのプーチン大統領を、国際関係において現在基本的なプレーヤーの一人であると呼んだ

彼は論文の中で「現在のロシアがソ連邦の『甚だしい縮小バージョン』であることを考慮するならば、この事は極めて驚くべきことだ」とし、次に様に続けた-

「しかし、かつての超大国の権力や威信、地位が失われたことの中に、プーチン氏の急速な勃興の理由を探す必要があるだろう。ロシア人は、ソ連が歴史的に葬むられ、ソ連崩壊後しばらくロシアに混沌がもたらされた二重の屈辱に対し、報復する役回りをプーチン氏の中に見ている。」

またトスカーノ評論員は、米国のジャーナリストが行った調査を引用し「プーチン氏の人気がロシアを超えたものとなっている理由を説明するのは、もっとずっと難しい。」と述

「大部分の場合、皆、プーチン氏をリーダーとして感嘆すると同時に、ロシアを危険なライバルだとみなしている」と指摘した。

新聞は、西側でのプーチン人気について考えられる理由として、彼がグローバリゼーションに反対し、主権というクラシックな概念を支持していることに注目する一方で、プーチン氏が『真のマッチョ』として好まれている可能性を挙げた。

トスカーノ評論員は、論文を次のようにまとめている-

テロリズムが世界的な規模での脅威となった世界には、細かいことには目を向けず悪者を殲滅する強く厳しいリーダー、一種の政治的なクリント・イーストウッドの魅力に抵抗できない人たちが大勢いる。」

関連:

人々を大量殺人へと追いやる現代生活の要因とは何か?
靖国爆発音事件、日本はこれを抗議行動ととらえようとはしない
タグ
ウラジーミル・プーチン
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント