01:04 2018年09月26日
安倍首相、米国に対して対露制裁の温存を確約安倍首相、米国に対して対露制裁の温存を確約

安倍首相、米国に対して対露制裁の温存を確約

© REUTERS / Toru Hanai © REUTERS / Jason Lee
1 / 2
政治
短縮 URL
4150

安倍首相は22日、バイデン米副大統領と会談を行った中で、ロシアとは南クリル諸島問題の解決のために対話を続けているものの、ウクライナ情勢を巡る対露制裁についてはG7の共通の立場を堅持する構えであることを示した。NHKが報じた。

安倍首相は「北方領土問題を本気で解決したい。ことし12月にプーチン大統領を山口県に招待することにした。ウクライナ情勢をめぐる対ロ制裁を継続し、G7・主要7か国の連帯を維持する考えに変わりはない」と語っている。

NHKの報道によれば、バイデン副大統領は安倍首相に対し、首相の賢明な対応への確信を表した。

先に伝えられたところによると、岸田外相は、10月末にモスクワ訪問を明らかにした

関連:

1945年サハリン及びクリルで亡くなった日本兵の遺骨 日本へ送られる
日本、キューバの対日債務1200億円免除へ
日本、難民支援に28億ドル拠出へ
タグ
日米関係, 露日関係, 安倍晋三, 日本, 米国, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント