11:00 2020年02月19日
政治
短縮 URL
4330
でフォローする

フィリピン政権は国内反政府勢力がロドリゴ・ドゥテルテ大統領領退任を目的とし、海外からの支援を受けてクーデターを画策しているとの情報を手に入れた。22日、マーティン・アンダナール大統領報道官が発表した。

アンダナール報道官によると、大規模抗議運動の情報は「米国にいる信頼の置ける情報筋」から得られた。明らかになったところによると、フィリピンの反ロドリゴ大統領勢力は2017年1月に大統領退任運動を開始し、大規模街頭抗議やSNSを通じすでに拡散されている参加呼びかけを行う予定だ。

アンダナール報道官は、政府はしかるべく方法により準備されている陰謀に対応するとの声明を出した。「我われはあらゆる代価を払っても大統領を守る」と述べ、政府はこの活動の発起人らの名前のリストを手にしていると付け加えた。

ドゥテルテ大統領は6月30日に就任し、侮辱的な発言によって世界のマスコミで広く知られるようになった。

関連:

フィリピン、国連脱退とけん制
フィリピン大統領が米大使を侮辱 米国は説明を求める
タグ
フィリピン
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント