15:23 2020年05月25日
政治
短縮 URL
0 110
でフォローする

ロシアのラヴロフ外相は、国連総会で演説に立ち「北朝鮮は自国の核プログラムを放棄し、コクラン安保理事会決議に反する行動を止めるべきだ」と述べた。

ラヴロフ外相は、次のように訴えた-「国連安保理事会決議に反するここ最近の朝鮮民主主義人民共和国の行動は、停止されなければならない。我々は、北朝鮮当局に対し、ミサイル及び核プログラムを放棄し、核拡散防止条約の道に戻るよう求める」。

また外相は「それと共に、北東アジアの大規模な軍事化及び、この地域に米国のグローバルな対ミサイル防衛システム関連施設を展開する口実として、こうした状況が利用されるのを許してはならない」と指摘した。

関連:

ラヴロフ外相「ロシアはシリアに関するロ米合意の破綻を許さないよう求める」
ラヴロフ外相:ロシアと米国はシリアのテロリストに対する攻撃を調整する
タグ
セルゲイ・ラブロフ, 北朝鮮
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント