20:03 2021年09月27日
政治
短縮 URL
5127
でフォローする

鈴木宗男元衆議院議員は南クリル諸島(北方領土)の帰属問題について妥協的な解決への支持を示した。鈴木宗男氏には安倍首相も日露関係について数度の懇談を行なっている。

鈴木氏は28日、都内にある日本外国特派員協会で会見したなかでこう語った。

鈴木氏は、12月、プーチン大統領を山口県に招待して行われる首脳会談で安倍首相は最大限良い解決を採るものと期待していると述べ、交渉の結果、一方が全部をとり、他方が何もとらないというふうではいけないと語った。

鈴木氏はさらに、南クリル諸島において日露が合同で経済活動を行なうことに賛同を示した。

関連:

クリル問題が初めて日露首脳会談のアジェンダから除外されたー政治学者
クリルというテーマには長期的な結びつきの構築という原則に基づいたアプローチが必要―プーチン大統領
タグ
ロシア, 日本, クリル諸島, 領土問題, 露日関係
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント