20:50 2017年03月28日
東京+ 9°C
モスクワ+ 1°C
    ケリー米国務長官

    ケリー国務長官、米はシリアでのロシアとの協力停止の構えとラブロフ外相に述べる

    © AP Photo/ Pool photo via AP
    政治
    短縮 URL
    111900236

    米国のジョン・ケリー国務長官はラブロフ外相との電話会談で、ロシアがシリアでの停戦再開のための対策を講じなければ米国はロシアとのシリアでの協力停止の準備を行うと述べた。米国務省のジョン・カービー報道官が報じた。

    カービー報道官によると、ケリー国務長官はまた、アレッポでの焼夷弾とバンカーバスターの使用そしてシリア政府軍の攻撃、同市での人道状況そして民間インフラへなされたとみられている攻撃全体に対する責任をロシアに負わせた。

    声明には次のように書かれている。

    「ケリー国務長官はシリア情勢悪化、特にアレッポでの病院、水道、その他の民間インフラへのロシアとシリア政権により続けられている攻撃に深い懸念を表明している。ケリー国務長官は、重大なエスカレーションであり民間人への大きなリスクである同市での焼夷弾、バンカーバスターの使用を含んだこの状況に対して、ロシアには責任があると米国とそのパートナーたちが考えていると、(ロシアに)明らかに理解させた」

    カービー報道官は次のように結論付けている。

    「ケリー国務長官は、ロシアにはこの攻撃を停止し、アレッポや他の必要としている地域に人道的アクセスを許す義務があると強調した」

    9月19日、シリアで停戦期間が終了した。

    関連:

    ロシア工兵部隊 シリア・パルミラ遺跡で地雷除去作業完了
    シリア:ロシア機 デリゾールの戦闘地域住民のために援助物資を投下
    タグ
    シリア, 米国, ロシア
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント

    全てのコメント

    • avatar
      catss4
      もう ごまかしがきかない ということに ようやく なったのですね
    • avatar
      豊岳正彦
      ケリーは直接対面して目を合わせながらであればとても語れない欺瞞に満ちた内容であるが故に、電話でラブロフ外相と目を合わさずに原稿を一気に読んだのである。

      この原稿は、まさにモサドNHK奇形司法の真実を隠蔽するための欺瞞韜晦常套手段である「東大話法」で書かれている。

      NHKアナウンサーがテレビ画面で常に視線を宙に泳がせながら読んでいるニュース原稿と全く同じである。
    • avatar
      hidea7889
      よくも平然とこんな嘘ばかり言えるな。
      ロシアは他国と手を組み、世界中にアメリカとその仲間達(イスラエル、サウジアラビア、イギリス、トルコ、カタールなど)がISやテロリストを組織、支援している事実を世界中に大々的に連日連夜報道するべきだ。それが最も効果的。
    • avatar
      Mieko
      世界中の鋭い目が米国を凝視しています。もう嘘をついたり、悪事はできないですよ。
    • unimaro unimaro
      無視しとけばいい。攻撃を激化させ、テロリストども全てを一気に排除しろ。
      排除してしまえば、奴らは何言っても遅い。
      今後は、アメ公どもが何言っても無視し、奴らが体勢を整える前に結果を出してしまえ。
      それをする能力をロシアは持っている。
      それをする意志があるかどうか?なだけ。
    新しいコメントを読む (0)