17:52 2019年09月22日
ナショナル・インタレスト:世界を支配する米国の試みは失敗する運命にある

ナショナル・インタレスト:世界を支配する米国の試みは失敗する運命にある

© Sputnik / Igor Mikhalev
政治
短縮 URL
5312
でフォローする

誰もに自らの利益を押し付ける米国の行動が世界を損なった。米国によるあらゆる軍事介入がむしろ紛争を深刻にした。ケイトー研究所上級研究員で元米大統領ロナルド・レーガン氏の元特別補佐ダグ・バンドウ氏がナショナル・インタレストに論文を寄稿した。

米国の失敗した外交政策の背後にいる人たちは、ワシントンがますます決定的な行動を起こした場合にはすべては違っていただろうと信じている、とアナリスト。「彼らの考えでは、問題は米国が戦争に参入することではなく、十分に戦争に参加しないことにある」。

バンドウ氏は、このようなアプローチは、米国が世界のすべての問題を解決できるのだという政治家の信念に基づいている、と考えている。

「もしある種の優秀な人材が理論的にすばらしい戦略を実現し、そこにある種の決然たる市民の支援があれば、テロリズムは克服されただろう。ダーイシュ(IS、ロシアでは活動が禁止されている組織)は克服されただろう。ロシアは屈せられ、イラク作戦は失敗せず、シリアには平和があり、リビアは一つの国であり、中国はもっと礼儀正しかっただろう。しかし実際にはそのような「人材」も「戦略」も存在していない」と同氏。

関連:

シリアでのロシアの作戦1周年:地域でのロシアの存在は近い将来地中海全体のパワーバランスを変える
シリア議会:諜報には空爆前の米軍とダーイシュとの会話記録ある
タグ
米国
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント