07:28 2020年03月30日
政治
短縮 URL
1280
でフォローする

共和党米大統領候補のドナルド・トランプ氏は自分が大統領になった場合、露米関係がどう展開するかは現段階ではわからないと語り、プーチン大統領に対する自分の姿勢を表した。

「私はプーチン好きだといわれているが、プーチン氏のことは好きでも嫌いでもない。これがどう展開するか、まぁ、そのうちわかる。」トランプ氏の発言をNBCテレビが報じた。

トランプ氏は、当選した際にテロ組織「ダーイシュ(IS、イスラム国)」対策でロシアと協力する可能性については「ロシアが我々と手を組み、ISを地獄に送ることにはおそらく皆賛成だろう」と語っている。

関連:

トランプ氏、ロシアは米政権を「尊重していない」
トランプ氏、ヒラリー・クリントン氏を刑務所に入れるよう提案
タグ
ドナルド・トランプ, ウラジーミル・プーチン, 米国, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント