11:16 2020年09月20日
政治
短縮 URL
0 101
でフォローする

シリアでの露米協力の停止は、同国危機の解決における深刻な後退だとし、国連でシリア問題を担当するスタファン・デミストゥラ特使が記者団に次のように述べた。

「これは深刻な後退であったし、現在もそうだ」

デミストゥラ特使は、アレッポを含み起こっていることに対し「我々は緊急事態にあることを誰も否定できない」と付け加えた。

前に米国は、シリア停戦における露米協力を停止し、シリア上空での衝突を防止するためのロシア宇宙航空軍と米空軍間の軍事チャンネルのみを残すと発表した。

ロシア外務省が発表したところ、シリアでの紛争正常化に関するロシアとの作業の一方的取りやめについての米国務省の声明は、深い失望を引き起こさずにはおれず、ロシア政府はこの決定を受けて、状況、そして米国の行動が世界の前でどのようにみえるかをもう1度評価し直すよう米国に呼びかけた。

関連:

独立専門家ら、アレッポでの国連人道支援車列への攻撃を芝居と断じる(写真、動画)
露外務省、シリアでの露米軍事衝突の危険性についての問いに答える
タグ
露米関係, 米国, シリア, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント