10:56 2021年09月21日
政治
短縮 URL
2218
でフォローする

米国の将軍たちが、未来の対露・対中戦争は素早く、そして多数の犠牲者を出すと発言した。このような評価が出されたのはワシントンの米国軍協会年次カンファレンスにおいてだ。英インデペンデント紙が6日木曜日報じた。

同紙によると、4日行われたカンファレンスで米陸軍参総長のマーク・ミリー氏は、未来の大規模戦争は「実質的に不可避」だとの意見を述べた。

また少将ウィリアム・ヒックス氏は、「近い将来での普通の兵器を使ったあらゆる紛争は極めて迅速に進み、大人数の犠牲者をもたらす」と指摘し、「我々は自らの望みどおりに戦争を止めることができなくなる」と付け加えた

ヒックス少将は、これは第一に戦闘行為遂行の大規模自動装置と、人工知能の発展によって引き起こされると説明した。ヒックス少将によると、露中の軍事構築と新技術創設の成功は、米国政府を、朝鮮戦争の時代から米軍が目にしていないような規模での戦争に備えるよう強いた。

関連:

独立専門家ら、アレッポでの国連人道支援車列への攻撃を芝居と断じる(写真、動画)
シリア情勢が露日平和条約交渉に影響を与える?
タグ
戦争・紛争・対立・外交, 露米関係, 米国, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント