03:31 2019年10月20日
国連安保理

国連安保理 アレッポに関する決議案を一つも採択できず

© AFP 2019 / Don Emmert
政治
短縮 URL
137
でフォローする

国連安全保障理事会は8日、シリアのアレッポに関する決議案を一つも採択することができなかった。

はじめにロシアがフランスとスペインの決議案に拒否権を発動し、その後、ロシアは自国の決議案を提出したが、過半数の票を獲得できなかった。

フランスとスペインがまとめた決議案では、アレッポ上空に飛行禁止区域を設定することが規定されている。ロシアは東部の上空のみならず、東から武装勢力の砲撃にさらされている西部の上空にも飛行禁止区域を設定することが提案されたため反対した。また決議案では、同措置が偵察用無人航空機にも関係するのか否かが明らかにされていなかった。

また、テロ組織「ジャブハト・アン・ヌスラ」の戦闘員撤退に関する国連のデミストラ特使の計画を支援するロシアの決議案も否決された。

関連:

ダーイシュ戦闘員、人道支援物資をシリアに運んでいたロシアの軍用ヘリMI-8を砲撃
ロシア議会:シリアでの露米衝突は不可能
タグ
国連, シリア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント