16:31 2017年09月26日
東京+ 27°C
モスクワ+ 11°C
    オランド大統領

    オランド大統領:ウクライナは国内の改革の責任取る必要

    © AP Photo/ Thomas Samson
    政治
    短縮 URL
    0 56518

    フランスのオランド大統領は、ウクライナ政府が同国内での改革の責任を取る必要があるとし、国連総会での演説中に次のように述べた。

    ミンスク合意を完全に履行するよう私は呼びかける。ウクライナもまた改革の分野で責任を取る必要がある。私は、欧州議会がここで極めて重要な役割を果たす可能性があると考えている」

    前にウクライナのウラジーミル・グロイスマン首相は、同国が独立してから25年間で、質の高い国家運営システムを構築することができず、その期間に同国を原料経済国に変えたと認めた。グロイスマン首相によると、発展のためにはウクライナ政府は反汚職改革を進め、司法改革を完了し、ビジネスしやすい環境を作る必要がある。

    関連:

    ウクライナに同性愛者同士の結婚、売春、マリファナを合法化する動き
    ロシア政府、MH-17墜落調査をめぐる憶測について声明
    タグ
    ウクライナ, フランス
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント