22:51 2017年06月25日
東京+ 22°C
モスクワ+ 18°C
    ラヴロフ外相、米国の行為はテロリストを支援かという疑念を呼ぶ

    ラヴロフ外相、米国の行為はテロリストを支援かという疑念を呼ぶ

    © 写真: CNN
    政治
    短縮 URL
    0 862211

    国際テロ組織「ヌスラ戦線」に対する米政権の行為は、米国はテロリストを支援しているという疑念を抱かせる。ラヴロフ外相はCNNテレビからのインタビューにこう語った。

    「私は、米国がテロリストを支援しているのではないかと疑いたくはない。だが米国の『ヌスラ戦線』に対する行為は非常に深刻な疑念を抱かせる。」

    国際テロ組織「ヌスラ戦線」に対する米政権の行為は、米国はテロリストを支援しているという疑念を抱かせる。ラヴロフ外相はCNNテレビからのインタビューにこう語った。

    「私は、米国がテロリストを支援しているのではないかと疑いたくはない。だが米国の『ヌスラ戦線』に対する行為は非常に深刻な疑念を抱かせる。」

    ラヴロフ外相は「アルカイダ」について、米国がアフガニスタンのムジャーヒディーン(ジハードに参加する戦士)を支援した結果、出現した組織だと指摘し、米国および国連のテロ組織リストでは「ヌスラ戦線」は「アルカイダ」の一部に分類されている事実を示した。

    「ダーイシュ(IS、イスラム国)はあなたも良く知っているはずだが、これも米国がイラクに介入した結果誕生したものだ。」ラヴロフ外相はこう付けくわえた。

    なお先に伝えられたところによると、ラヴロフ露外相は、アレッポへの人道物資輸送車列の空爆にロシアが加担したという西側の非難について、証拠は皆無だと反撃した

    関連:

    マスコミ:オバマ大統領は対露制裁強化を防ぐ構え
    露上院、シリアへのロシア空軍無期限派兵を批准
    タグ
    露米関係, セルゲイ・ラブロフ, 米国, シリア, ロシア
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント