10:42 2017年08月17日
東京+ 23°C
モスクワ+ 15°C
    プーチン大統領:皆を安心させたい、我々は米国の選挙に影響を及ぼす気はない

    プーチン大統領:皆を安心させたい、我々は米国の選挙に影響を及ぼす気はない

    © Sputnik/ Michael Klimentyev
    政治
    短縮 URL
    0 2052420

    ロシアはは米国の選挙に影響を及ぼす気はない。会見でプーチン大統領が述べた。

    「米国のパートナーや友人を含め皆を安心させたい。我々は米国の選挙に影響を及ぼす気はない。答えは簡単、我々は選挙後の米国がどうなるかを知らない」とプーチン大統領。

    プーチン大統領によると、ヒラリー・クリントン氏はロシアに対して攻撃的なレトリックとスタンスを選び、ドナルド・トランプ氏は逆にテロとの闘いにおける協力を求めている。「しかし、もちろん、私たちは、私たちと協力してくれる誰でもを歓迎するし、我々が常に

    かとけんかをしている必要があるなどと考えることは誤っているし、そのような形で自分自身に、また世界に脅威を与えようとしており、テロとの戦いにおいて必要な結果を求めていないとすることは間違っていると考える」とプーチン大統領。

    露米関係の関連ニュースはこちらから。

    関連:

    ロシア国連大使、現露米関係は1973年以来で最悪
    フォーリンポリシー:米国の対ロシア政策は失敗した
    タグ
    露米関係, ウラジーミル・プーチン, 米国, ロシア
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント