00:34 2018年07月18日
メディア:EU、またしてもロシアについて合意できず

メディア:EU、またしてもロシアについて合意できず

© AP Photo / Yves Logghe
政治
短縮 URL
160

EU諸国はまたしてもロシアに対しどのような政策をとるかについて意見を一致させられないでいる。ポリティコが伝えた。

「急速に悪化するモスクワとの関係はどんどん欧州にコントロールできなくなっているようだ。それに影響を与えているのはシリアであり米国である。米国はこれまで通り欧米全体を代表するかのようにふるまっている」と同紙。

ブリュッセルで20日にEUのミニサミットが開かれロシアに対する立場を明確にすることが計画されている。記事執筆者はもはや「そのことは忘れるべきだ」としている。

一部の政治家はこの議論がロシアへの制裁の緩和に道を開くことを予測していたが、そうした期待はアレッポの出来事を背景に無用のものとなった。

一部の欧州リーダーはシリアとの関連で新しい対ロシア制裁の提案を行う見込みだが、EU当局者によれば、この問題でコンセンサスに至ることはほとんど不可能であるという。

関連:

プーチン大統領、対西報復制裁廃止の可能性について:誰がするか!
フォーリンポリシー:米国の対ロシア政策は失敗した
外国人投資家にクリミア半島での活動において制裁を回避する方法が示される
タグ
EU, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント