11:31 2018年06月25日
ショイグ国防相

ロシア国防省、シリアのアレッポへの空爆停止を声明

© Sputnik / Ramil Sitdikov
政治
短縮 URL
シリアへのロシア作戦参加から1年、テロ闘争は今なお続く (74)
0 81

ロシア空軍は、モスクワ時間10月18日10時からシリア・アレッポでの空爆を停止する。セルゲイ・ショイグ国防相が発表した。

ショイグ国防相によると、シリア政府空軍もアレッポへの空爆を停止する。ショイグ国防相が強調したところ、10月20日の人道停戦発効より前に、空爆停止は開始される。

ショイグ国防相は、人道停戦中、戦闘員たちが町を離れられるようにシリア政府軍がアレッポから撤退すると付け加えた。

ショイグ国防相によると、戦闘員は「アレッポ東部から武器を持ったまま、2つの特別に作られた回廊を通って出ることができる。回廊の1つ目は、カステッロ道路で、2つ目は、ハイイ市場の地域にある」

「我われはアレッポ東部の武装勢力に影響力を持つ諸国指導部に、武装勢力のリーダーたちが戦闘行為をやめて町を離れるよう説得するよう、提案する」

なお先に伝えられたところによると、米国と英国は、アレッポ周辺の情勢緊迫化を理由に、シリアとロシアに対して経済制裁を導入することを検討している。

トピック
シリアへのロシア作戦参加から1年、テロ闘争は今なお続く (74)

関連:

ローザンヌでのシリア内戦の会談失敗の理由は?
第3次世界大戦はどれほど続くのか?
フランス大統領、ロシアへの圧力を弱める意向なし
タグ
ロシア, シリア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント