18:53 2019年06月16日
イタリア、ロシアとの対テロ共同戦線の強化に意欲

イタリア、ロシアとの対テロ共同戦線の強化に意欲

© REUTERS / Goran Tomasevic
政治
短縮 URL
0 290

イタリア政府はロシアとの対テロ共同戦線の強化に意欲的である。イタリアのロベルタ・ピノッティ国防大臣が木曜、ナポリの新聞イル・マッティノに掲載されたインタビューで語った。

モスクワとワシントンの間の対立についての質問に大臣はこう述べた。「シリア内戦への立場の相違による情報学的な緊張が最近顕著だが、共通の敵・テロリズムに対する共同戦線強化のための歩み寄りが必要と思う」

大臣はまた、ロシアとNATO間の対話を回復することの重要性を強調した。 「ワルシャワで開かれた7月のNATOサミットで東欧諸国安定化措置が採択された。しかしイタリアは対話を回復するための取り組みを支援し続ける」と大臣。

ワルシャワでのNATOサミットではロシアの西部国境にNATOの4大隊を派遣することが決定された。

関連:

ロシア政治家:米国はシリアに関するロシアとの対話を望まない。米国の目的は政権交代
露外務省報道官、連合軍のアレッポ攻撃を非難、ベルギーは即刻これに反応
タグ
テロ, シリア, ロシア, イタリア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント