04:16 2017年12月12日
東京+ 5°C
モスクワ+ 1°C
    ベルギー、アレッポ空爆を断固否定

    ベルギー、アレッポ空爆を断固否定

    © AP Photo/ Geert Vanden Wijngaert
    政治
    短縮 URL
    3327

    ベルギーはシリア、アレッポ郊外のハッサジェク村への空爆の自国空軍の加担を否定している。一方でベルギー国防省にはロシア側からの証拠資料が提出されており、その中の同地区での空爆の瞬間を捉えた写真にはまさにベルギー空軍の戦闘機が写しだされている。

    ハッサジェク村の空爆が行なわれたのは10月18日深夜。これにより民間人8人が死亡、さらに4人が負傷している。

    ベルギー国防省は、前日ロシア側からアレッポの空爆に関する資料を受理したことを明らかにしていた。ロシア側の提出した資料には空爆に加担した航空機のナンバーが記されている。

    ベルギー軍部の指摘ではロシア側の提出資料はベルギー軍機の飛行ルートを記した地図で、ベルギー国防省はコミュニケで「地図に記載された『自国のもの、他国のもの』として確認されているナンバー

    ロシア国防省の発表ではベルギー軍機として分類されているがこれは不正確であり、ベルギー空軍機では一切ない」と断言している。

    ベルギー国防相はロシアに対し「根拠に欠ける非難を公式的に取り下げる」よう要請した。

    これより前、ロシア国防省のコナシェンコフ報道官はベルギー軍機のとった行為を分単位で正確に発表し、2機の戦闘機F-16が10月18日、モスクワ時間1時34分にヨルダンのアスサルチ空軍基地から飛び立ったことを明らかにしている。

    関連:

    アレッポのテロリストが人道回廊に攻撃
    イタリア、ロシアとの対テロ共同戦線の強化に意欲
    タグ
    シリア, ベルギー
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント