17:42 2017年09月21日
東京+ 28°C
モスクワ+ 11°C
    英国の教授、なぜ西側に「侵略的な」ロシアのイメージが必要なのかを語る

    英国の教授、なぜ西側に「侵略的な」ロシアのイメージが必要なのかを語る

    © AP Photo/ Mike Groll
    政治
    短縮 URL
    31060262

    フィナンシャル・タイムズ紙がロンドン・スクール・オブ・エコノミクスのロバート・ウェイド教授の意見を紹介した。これは先に同紙で公開された米国の元NATO大使アイヴォ・ダールダー氏の論文に対する応答である。

    ダールダー氏はロシアとの国境でのNATOの戦力を強化するよう呼びかけ、モスクワは内政上の必要から自身「西側との対立を必要としている」と主張した。

    ロバート・ウェイド氏は、実際にはロシアとの対立はむしろ西側で必要とされている、と強調。モスクワを「侵略者」と規定することは「壊れやすい西側の同盟を強化し、軍事産業の要求を満たすため」だという。

    「この意味で西側がウクライナ内戦におけるロシアの役割を誇張していることも解釈することができる」と著者。

    2014年、8人の米国人アナリスト、元諜報員らが、メルケル首相への手紙の中で、ウクライナへのロシアの介入を確認するものとする諜報データに疑問を呈した。データは「12年前米国のイラク侵攻を正当化したものと同じくらい疑惑を呼び、政治化されている」とした。

    「目的がロシアの侵略を抑止することにあるなら西側諸国とNATOはより侵略的でない形でロシアに対する態度をとる必要がある」と教授。

    関連:

    クリントン氏、米国人に対するスパイ行為についてロシアを非難
    メディア:EU、またしてもロシアについて合意できず
    タグ
    ロシア
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント