09:20 2018年07月19日
ワシントンのホワイトハウス

ホワイトハウス、ロシア空軍との戦いのためにシリア反政府勢力に武器譲渡を検討

© Sputnik / Vladimir Fedorenko
政治
短縮 URL
6357

オバマ政権はシリア反政府勢力に、「穏健反政府派」がロシア空軍と砲兵から身を守る助けになるであろう重火器を供給することを検討していた。ワシントン・ポスト紙が報じた。

オバマ政権は、CIAが指示している反政府勢力に大量の武器を送る可能性を調べていた。これは、いわゆる穏健反政府派がロシア空軍から身を守る一助になるであろう武器のことだ。

同紙によると、この計画はオバマ大統領と国家安全保障機関の最近の会合で話し合われた。また、この計画は未定の段階に留まった。

ホワイトハウスはこのプログラムを『シリアのアサド大統領の退任を目的として圧力をかけるための米国の戦略の中心的要素』と名付けられているという。

先に伝えられたところでは、シリア軍および義勇軍部隊はアレッポ南部で戦略上、重要な高所ポイントを抑えた後、攻撃に転じた。

関連:

国防総省、シリアでのロシア航空軍のプロ意識を認める
ハッサジェク攻撃への米国の関与に関する証言が挙がる
タグ
露米関係, 武器・兵器, シリア, 米国, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント