03:18 2018年02月23日
東京+ 2°C
モスクワ-10°C
    アサド大統領

    米誌『Foreign Policy』:米議会の会議でアサド大統領殺害問題が持ち上がった

    © Sputnik/ Sergei Guneyev
    政治
    短縮 URL
    4026

    米議会の、外交問題評議会が主催する非公開ブリーフィングの参加者が、シリアのアサド大統領を殺害し、シリア危機を正常化するよう提案した。米誌『Foreign Policy』が、会合に出席した情報筋をもとに報じた。

    同誌は情報筋の次の発言を報じた。

    「では、アサド大統領殺害はどうですか?」

    この質問は、ホワイトハウスの中東問題のコーディネーターを務めたことがあるフィリップ・ゴードン氏に向けられたもの。

    同誌は、この「イニシアチブ」はブリーフィング参加者たちの当惑を引き起こしたと指摘する。ゴードン氏は、違法であると同時に非効果的だとしてこの案を退け、次のように答えた。

    「これは違法であり、どのみち何も変えはしないだろう。なぜなら、ロシアは未だにシリアに利害関係があり、イランもシリアに利害関係があるからだ」

    ブリーフィングは先週行われた。

    先にメルケル首相が、ロシアはアサド大統領に圧力をかけなければならないと述べた。

    関連:

    米海軍機、シリアのロシア基地に接近
    ホワイトハウス、ロシア空軍との戦いのためにシリア反政府勢力に武器譲渡を検討
    タグ
    シリア, 米国
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント