22:28 2018年10月22日
フィリピンのドゥテルテ大統領

フィリピン大統領、自国のために「刑務所で朽ち果てる」用意があるー共同通信

© AP Photo / Radio Television Malacanang
政治
短縮 URL
1311

フィリピンのドゥテルテ大統領は、麻薬撲滅運動の一環での人権侵害の非難を理由に、米国を「本当の無法者」だと考えており、「もし証拠があるなら」ば、同氏を訴えるよう批判者に呼びかけた。なぜなら、ドゥテルテ大統領は自国のために「刑務所で朽ち果てる」用意があるためだ。日本を訪れているドゥテルテ大統領は今日、在日フィリピン人の前で演説をし、次のような声明を出した。共同通信が報じた。

「もし証拠があるならば、訴えを出しに行ってください。私は自国のために刑務所で朽ち果てることができる」

ドゥテルテ大統領と在日フィリピン人の集会について、前もってのアナウンスはなされなかった。集会は都内ホテルで行われた。日本で大きな危惧を引き起こしたのは、米国と決別するとのドゥテルテ大統領の発言。そのときドゥテルテ大統領は、フィリピンは米国と「分かれるときが訪れた」と述べた。

関連:

フィリピン大統領、EUに罵詈雑言を浴びせる
フィリピン大統領、露中との機構作る意向
フィリピン大統領 今度は自身をヒトラーと比べる
タグ
フィリピン
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント