17:04 2017年11月21日
東京+ 11°C
モスクワ0°C
    ロシア国連大使:シリア・イラク情勢について多くの人が「罪の酬い」を受けることになる

    ロシア国連大使:シリア・イラク情勢について多くの人が「罪の酬い」を受けることになる

    © AFP 2017/ Dominick Reuter
    政治
    短縮 URL
    0 1102331

    ロシア国連大使ヴィタリー・チュルキン氏は、シリア、イラクなどの国々で起こっている多くの紛争について多くの人が「罪の酬い」を受けることになる、と述べた。

    チュルキン氏は国連安全保障理事会で英米他のシリアにおけるロシアの行動に対する非難に応答。米国率いる有志連合がマンビジに対して行った空爆で数十人の市民が死亡したことや、ベルギー空軍がアレッポ州ハッサジェク村を空爆したことなどを指摘した。

    氏はまたイエメンで8日葬儀が空爆され140人以上が死亡、500人以上が負傷した事件にも触れた。

    「シリア情勢やイラク情勢、そして我々の知っている他の多くの状況について、多くの人が罪の酬いを受けることになる」とチュルキン氏。

    関連:

    国連安保理、ニュージーランドのシリア決議案を却下、わずか1箇所で見解決裂
    ロシア政府、国連人権理事会からロシア除外の呼びかけに返答
    タグ
    国連, ロシア, シリア
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント