10:11 2018年07月20日
露外務省、アレッポのテロリストは米国から携帯式防空ミサイルシステムを受領

露外務省、アレッポのテロリストは米国から携帯式防空ミサイルシステムを受領

© Sputnik / Mikhail Alaeddin
政治
短縮 URL
1015

ロシア外務省のマリヤ・ザハロヴァ公式報道官は、シリアのアレッポで戦う武装戦闘員に米国製の携帯式防空ミサイルシステムが譲渡された事実について、ロシア側は熟知しているとの声明を表した。

「武装戦闘員らに米国製の対戦車ミサイルおよび携帯式防空ミサイルシステムが引き渡されたケースが目撃された。」ザハロヴァ報道官はこう語っている。

報道官はさらに、米国指導の有志連合がシリア情勢をますます不安定化させていると指摘した。

先に伝えられたところ、オバマ政権はシリア反政府勢力に、「穏健反政府派」がロシア空軍と砲兵から身を守る助けになるであろう重火器を供給することを検討していた。

関連:

国連安保理、ニュージーランドのシリア決議案を却下、わずか1箇所で見解決裂
ロシア国防省、アレッポ「人道停戦」再開の条件を列挙
タグ
露米関係, 武器・兵器, ロシア軍, 米国, ロシア, シリア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント