16:02 2019年04月23日
プーチン大統領

プーチン大統領、日本との平和条約締結の正確な期限を名指ししないよう呼びかけ

© Sputnik / Sergey Guneyev
政治
短縮 URL
2312

プーチン大統領は日本との平和条約締結の正確な期限を決めることは有害だと考えている。

「こうしたケースでは期限を決めるのは不可能だし、有害でさえある」。ヴァルダイ会議のパネルディスカッションでの発言。

例として大統領は中国との領土交渉が40年続いたことを挙げた。かつてない水準の協力と多大な信頼があってはじめて交渉は妥結した、と大統領。

「我々はそれを望み、それを目指している。いつ、どのように達成されるか、そもそも達成されるのか、今言うことはできない」とプーチン大統領。

関連:

プーチン大統領は「北方領土」について具体的な話をする用意があるのか?
12月のプーチン・安倍会談は平和条約締結の「最後のチャンス」?
タグ
露日関係, ウラジーミル・プーチン, 日本, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント