20:06 2020年08月06日
政治
短縮 URL
4190
でフォローする

米大統領選民主党候補ヒラリー・クリントン氏は、討論会で尋ねられる可能性のある問題を受け取っていた。サイト「ウィキリークス」に公開されたメールが示している。

ウィキリークスによると、民主党バーニー・サンダースとの予備選挙の討論会1日前に、ドナ・ブラジル民主党全国委員長はクリントン氏に、尋ねられる可能性のある問題の1つのヒントを与えていた。

ブラジル氏がクリントン氏の選挙対策本部を率いるジョン・ポデスタ氏に送ったメールには次のように書かれている。

「彼女の家族は鉛中毒になったため、ヒラリー氏はもし大統領になったら、フリント住民を助けるため何をするかを尋ねる」

だが、ブラジル氏は前に次のような声明を出していた。

「候補者の質問にアクセス権を持ったことは一度もないし、仮にあったとしても、彼らに質問を渡すことは一度もしなかっただろう」

今年1月、米ミシガン州のフリントで10万人ほどの市民が水処理施設の運転費用レベルを下げた後に、水道水に含まれる鉛で鉛中毒になった。

関連:

ウィキリークス、クリントン陣営がどのようにハッカーと戦おうとしたかを語る
クリントン氏は銀行家との関係について社会を無知のままにすることを望んだーウィキリークス
タグ
ウィキリークス, ヒラリー・クリントン
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント