11:30 2018年10月22日
露国防省、アレッポの情勢とモスルの作戦の違いを説明

露国防省、アレッポの情勢とモスルの作戦の違いを説明

© REUTERS / Stringer
政治
短縮 URL
3140

ロシア国防省は、ジョン・カービー米国務省報道官による、アレッポでの情勢とモスル奪還作戦の根本的相違についての声明にコメントした。

ロシアイゴール・コナシェンコフ国防省報道官によると、アレッポでは2週間以上ロシア航空宇宙軍とシリア空軍が動いていないが、モスルは毎日米国空軍の空爆を受けている。

さらに、アレッポでロシアとシリア政府は民間人のために6つの人道回廊を組織した。

コナシェンコフ報道官は「モスルで我々は、民間人の住む街区の、迫りくる『突撃』について耳にする」と言い、この場合にはいかなる人道回廊にも話は行っておらず、「100万都市に住んでいるのはテロリストだけのようだ」と付け加えた。

関連:

外務省:ロシアは米国やシリアを含めすべてのパートナーと協力する用意がある
デイリースター:シリア上空に「プーチンの極秘ヘリ」が確認された
タグ
シリア, イラク, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント