18:24 2021年06月13日
政治
短縮 URL
0 51
でフォローする

対ロシア、シリア制裁を論じる話について、在露米国商工会議所のアレクシス・ロドジャンコ会頭はウクライナに関連して現在行なわれている制裁の延長を軽減するために使われている嘘(ブラフ)に過ぎないとの見解を示している。

10月、ホワイトハウスのアーネスト報道官は、米国は欧州のパートナーおよび中東地域各国の政府と共にシリアにおけるロシアの行動にいかに対抗するかを話し合っており、新たな制裁を検討していることを明らかにしていた。

ロドジャンコ会頭はリアノーボスチからのインタビューに対して「シリアに関して新たな制裁を出すなどという話は私は嘘だと思う。これはウクライナに関する今の制裁の延長を軽くするために使われているのだろう。夏、欧州が制裁延長の決定を採ったとき、欧州諸国からは『これで最後だというなら仕方ない。あなた方(米国のこと)のためにやろう。おたく(米国内)ではもうすぐ選挙だから』という声が上げられていたから」と答えている。

関連:

日本、米国のせいでロシアのプロジェクトへ融資を制限
ブルームバーグ:米国は対露制裁策を使い果たした
タグ
制裁, シリア, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント