21:31 2020年04月10日
政治
短縮 URL
2104
でフォローする

米国当局はロドリゴ・ドゥテルテ大統領の批判とは無関係にフィリピン政府と緊密に協力することに前向きだ。米国務省のジョン・カービー報道官が述べた。

「フィリピン政府内には米国と長年の関係がある多くの機関がある。関係は今後も続く」と報道官。

フィリピン大統領は「一国の指導者であり、我々はそれを尊重する」「我々は彼本人とも政府とも良好な関係を維持したい」と報道官。

月曜、ロイターは、上院議員ベン・カルダン氏の補佐官の言葉として、米国国務省はフィリピン当局への武器供給に関する契約の実施を中断した。フィリピン大統領はこれに対し、この決定をとった者は「猿だ」と述べた。

先にスプートニクは同大統領の日本訪問に関する分析記事を掲載した。

関連:

フィリピン大統領、ロシアと中国との「軍事同盟」の可能性を示唆
フィリピン大統領、またもやオバマ氏侮辱で米国との決別
タグ
米国, フィリピン
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント