03:33 2018年07月17日
世耕経済産業相

世耕経済産業大臣、山口でのお迎えは露日関係の殊更の重要性を示すもの

© Sputnik / Aleksey Filippov
政治
短縮 URL
21313

安倍首相はプーチン大統領を12月、自分の故郷である山口県の小都市にお迎えする準備を行っている。世耕経済産業大臣兼ロシア経済分野協力担当大臣が明らかにした。

世耕経済産業大臣は、露日協力プラン具体化についての高レベル作業グループの第1回会議の席上ロシアのウリュカエフ経済発展相に対し、12月15日に安倍首相が自分の生まれた故郷の町でプーチン大統領をお迎えしようとしていることについて、こうしたやり方は今までになかったものだと指摘した。

世耕経済産業相は、安倍首相はこうしたことを初めて提案しており、このことから首相が日露関係をどれだけ重要なものととらえているかがうかがえると語っている。

世耕経済産業相はまた、両国の経済相がそろってロシア大統領の訪日に合わせ経済のテーマに限らず、政治的なテーマでも提案を準備している事実を補足し、12月の首脳会談に向け、首脳らが胸襟を開いて経済のみならず、平和条約の締結、安全保障、文化などあらゆる可能な問題を話し合うことができるために経済協力の内容を用意せねばないと強調した。

関連:

プーチン大統領の12月の訪日日程はすでに合意している―クレムリン
日本ではプーチン大統領の訪問に向けた準備が進んでいる―安倍首相
タグ
露日関係, 日本, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント