07:26 2017年05月29日
東京+ 18°C
モスクワ+ 10°C
    プーチン大統領

    プーチン大統領 露米接近について語る

    © Sputnik/ Mikhail Voskresenskiy
    政治
    短縮 URL
    31150171

    4日「民族統一の日」、クレムリンで行われた国家勲章授与式典でプーチン大統領は「ロシアと米国の関係は、深刻な試練を経験しているが、文化交流が両国を近づけている。露米関係の全面的回復を、そこに期待できる」と述べた。

    国家賞受賞者の中には、米国で教育・啓蒙プログラムを主催、展開しているスーザン・レーマンさんも含まれている。

    授与式でプーチン大統領は、次のように述べた-

    私達と米国の関係が深刻な試練を経験している今。こうした事は特に重要だ。この事は、我々の国、ロシアにも米国にも、互いの関係を大切にし、米国の文化もロシアの文化も尊重する人達がいることを物語っている。言うまでもなく、そうした事は、互いを近づけ、我々両国民の利益のため、関係を全面的に回復させる希望を創り出すだろう。」

    関連:

    露米関係における危機のクロニクル
    ラヴロフ外相、露米関係に新たなリセットなし、だが対話は続行
    タグ
    露米関係, ウラジーミル・プーチン, 米国, ロシア
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント