16:11 2017年03月29日
東京+ 12°C
モスクワ-2°C
    ドゥテルテ大統領

    フィリピン大統領、米国製武器の供給取引を停止

    © AP Photo/ Bullit Marquez
    政治
    短縮 URL
    42538614

    フィリピンのドゥテルテ大統領は7日、米国からの武器の買い付け取引を停止するよう指示した。大統領はフィリピン政府はより安価な武器を探すことを明らかにしている。ロイター通信が報じた。

    ドゥテルテ大統領はTVのビデオ会談で「我々はより安く、おそらく信頼性のおける供給先を探さねばならないだろう」と語った。

    米国とフィリピンの関係はドッテルテ大統領が米国を名指しで非難し大反響を呼んだ後、緊張しているが、米国はフィリピンとの緊密な協力を目指すと前向きな姿勢を示している。

    これまでのロイター通信がベン・カーディン上院議員の補佐らからの情報を引用して報じたところでは、米国務省はフィリピン向けの武器輸出取引の実現を一時停止している。

    ドゥテルテ大統領は先の決定の背後にいる者たちを猿扱いする発言を行っている。

    関連:

    嵐を呼んだフィリピン大統領訪日:日本人専門家「日中は、天秤にかけられてはいない」
    フィリピン大統領、またもやオバマ氏侮辱で米国との決別
    タグ
    フィリピン, 米国
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント

    全てのコメント

    • avatar
      catss4
      すごいね!
      前言 取り消しなしで!
    • 天網恢々
      ドゥテルテ大統領の英断に拍手です。
      粗悪なガラクタ武器を買うより、ロシアの武器を買った方が余程、税金を有効に使っていますね。
    • avatar
      hidea7889
      ごくごく当たり前のことを言ってるだけだが、世界最大のテロ国家アメリカは自分達にとって都合の悪い人物は抹殺するだけに、それを恐れてみんな本音を言わないだけ。ごく当たり前のことを言う勇気に拍手を送りたい。但しアメリカによる暗殺にだけは気をつけて欲しい。
    新しいコメントを読む (0)