14:52 2020年05月30日
政治
短縮 URL
7367
でフォローする

2009年から2010年にかけて日本の総理大臣を務めていた鳩山由紀夫氏が国際社会に、クリミアはロシアの一部だと認めるように呼びかけた。それは、クリミア半島が歴史的にロシアの領土だからだという。

鳩山氏はロシアのテレビ局「RT」のインタビューを受け、次のように述べたという。

「私は個人的に、クリミアが歴史的にロシアの領土だと考える。フルシチョフが独断でクリミア半島をウクライナに渡し、クリミア問題が起きた。今日、クリミアはロシア領だと、国際社会によって認められる必要がある。もし日本がクリミアをロシアの一部だと認めれば、日本の例に倣うよう、欧州諸国の背中を押せるだろう」

関連:

クリミア半島でさらなるプーチン大統領発見
ロシア、日本をクリミア近くで実施のプロジェクト参加に招待
タグ
露日関係, 日本, クリミア, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント