10:05 2021年01月25日
政治
短縮 URL
283
でフォローする

NATOは、大統領に就任したトランプ氏が、欧州での米軍のプレゼンスを減少させることを危惧している。独週刊誌『デア・シュピーゲル』が報じた。

同誌によると、これはNATOのイェンス・ストルテンベルグ事務総長による報告書に記されたシナリオの1つだという。ストルテンベルグ事務総長は、トランプ氏当選に関して「巨大な」危惧を抱いていた。

米軍撤退の他に、ストルテンベルグ事務総長は他のシナリオも検討している。例えば、トランプ氏が米軍の東欧での巡回配備の合意を取りやめる可能性がある。

報告書で言及された最も「望ましくない」シナリオは、欧州諸国が自らの防衛のための費用の負担を増やすようトランプ氏が主張することだ。

関連:

プーチン大統領、露軍増強の理由を説明
オレゴン州のトランプ反対デモが無秩序状態に発展(動画)
タグ
NATO, 米国
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント