11:56 2017年08月18日
東京+ 27°C
モスクワ+ 18°C
    ドナルド・トランプ

    英国は「経験の浅い」トランプ氏を調教する計画、マスコミ情報

    © REUTERS/ Carlo Allegri
    政治
    短縮 URL
    2502219

    英国政権はドナルド・トランプ氏の政治経験のなさを利用して大統領に就任した際はうまくコントロールしようと計画中。これはキム・ダロッカ駐米英国大使の機密メールのやりとりで明らかにされた。インディペンデント紙が報じた。

    報道によれば、ダロッカ英国大使の職務メールにはいかに英国がトランプ氏に働きかけ、英国の国益を守るよう仕向けるかについての計画が書かれていた。

    英国側がトランプ次期米大統領に影響を講じようと狙っている分野はNATO、イラン、ロシア、移民といった問題。しかも「最大限極端な視点」をトランプ氏にはめ込もうとしている。

    インディペンデント紙はこの書簡をここ数日、トランプ氏をなんとかして「魅了」しようと躍起になっている英国指導部の行為と関連させている。特にメイ首相などはトランプ氏との電話会談を実施しており、ジョンソン英外相もトランプ氏の勝利を討議したEU諸国との非公式外相会合を自分はボイコットしたと語っている。

    関連:

    フィナンシャル・タイムズ:クリントン一族の支配から脱し米民主党員は喜んでいる
    米国防総省に初の女性長官か
    タグ
    ドナルド・トランプ, 英国, 米国
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント