00:13 2018年07月20日
米国防総省

ペンタゴン 米国にとっての「5つの脅威」について語る

© Flickr/ Andrés Feliciano
政治
短縮 URL
0 219

米国は、彼らの見解で「ダーイシュ(IS、イスラム国)」、イラン、北朝鮮、中国とロシアとの意見の相違から訪れる脅威を区別している。14日、カーター米国防長官が発表した。

雑誌The Atlanticの会議でカーター氏は、米国が考える5つの「脅威」全てを順に並べるよう頼まれた。カーター氏は、これらを「ビッグ5」と呼んだ。

カーター氏によると、「ダーイシュ」、イランと北朝鮮の危険な活動に関する「米国のモットーは、今すぐ戦う」というもの。カーター氏は、何十年もこのようにして続いていると指摘した。

またカーター氏は、「ロシアと中国の場合は状況が異なっている。米国と彼らとの関係は入り混じったもので、我々が協力し、共通の目的を達成しようとする時、我々の間で意見が異なっている問題もある」と述べた。

関連:

ラヴロフ外相が米国務長官にずばり、結局米国は反体制派とテロリストを区分けせず
露軍、アレッポで戦闘員が塩素を使った攻撃と特定
タグ
米国
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント