02:35 2021年05月15日
政治
短縮 URL
0 17
でフォローする

ペルーは東アジア地域包括的経済連携(RCEP)中国との交渉を開始した。一方で米国との環太平洋戦略的経済連携協定(TPP)合意の批准にも引き続き期待を維持している。ロイター通信が報じた。

ペルーのエドアルド・フェッレイロス貿易相は記者団からのRCEPについての質問に答え、ペルーはTPP、RCEPの両方の合意の一部となることへの期待感を表した。

貿易相はRCEPについて「合意がどれだけ野心的なものなのか、見てみる必要がある。これがその他の合意と同じくらい深遠なものでない場合も、我々としてはやはり参加していく」と語っている。

貿易相はトランプ氏がTPPの決定を見直す可能性があることについては楽観的な姿勢を示しており、「まずは就任していただき、それからどこを討議すべきかを見ていただこうではないか」と語った。

 

関連:

ドイツ各地でTTIPに反対する集会、16万人以上が参加
TTIP交渉決裂、その原因はずばり何か?
タグ
TTIP, ペルー, 中国
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント