06:43 2018年07月17日
エルドアン大統領

エルドアン大統領「米国に失望した」

© AFP 2018 / Adem Altan
政治
短縮 URL
3571

トルコのエルドアン大統領はシリア問題の解決に真剣に取り組んでいないとして米国のオバマ大統領とバイデン副大統領を非難した。

CBSのインタビューでエルドアン大統領は、シリアで長引いている戦争でトルコ南部国境の安全が脅かされ、国防能力が妨害され、トルコにシリア難民が300万人も押し寄せる事態となっている、と述べた。

「我々はこうした問題に対応し、また、オバマ大統領やバイデン副大統領と話し合った。彼らは問題に通暁しておらず、真剣にアプローチできなかった。我々にとっては憤ろしいことだった」。エルドアン大統領は米国のシリアに対する立場について「失望」したと指摘した。

先の報道では、トルコでEU加盟を問う国民投票を実施する可能性がある。

関連:

ラヴロフ外相とケリー国務長官 米大統領選後初の会談
独のNATO基地のトルコ軍人らが難民申請
タグ
シリア, トルコ, 米国
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント