11:55 2018年07月16日
キエフ

フォーブス誌寄稿者:ウクライナはロシアと親睦を深めようとしている

© Fotolia / aviavlad
政治
短縮 URL
0 103

ウクライナの国営天然ガス企業「ナフトガス」にロシアガス購入再開の準備があることは、ウクライナ政府がロシア政府との関係正常化に進んでいることを物語る非常に良い印だ。米フォーブス誌の寄稿者ケネス・ラポーザ氏は次のように書いた。

「興味深くないだろうか?ウクライナはすでにロシアと仲良くなろうと試みているのだ。」

ラポーサ氏によると、最近「1年ほど前」までは、ウクライナはロシアを侵略者だとして、首都キエフでロシア国旗を掲げない準備すらあったほどだった。

しかし現在は、かつてロシアとビジネスをしていたウクライナ最大の企業に、ロシアとの協力に戻る用意があるとのあらゆる兆候がある。

寄稿者ラポーサ氏は次のように説明する。
「これは非常に良い知らせだ。ロシアとウクライナの関係のあらゆる正常化は肯定的な信号だ。それは、この正常化がロシアの最重要貿易パートナーである欧州との関係正常化につながる潮流を作るに違いないためだ。」

「ナフトガス」の代表らは11月25日、「ロシアからの天然ガス購入を検討する用意がある」との声明を出した。だが、ラポーサ氏が述べるように、数週間前、同社はロシアのガスプロムに対する「虚勢」に満ちた大胆なプレスリリースを出した。

関連:

ウクライナ政府の対露制裁拡大が発効
ポクロンスカヤ氏:ウクライナ人が私に助けを求めている
タグ
ロシア, ウクライナ
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント