20:37 2020年02月23日
政治
短縮 URL
5227
でフォローする

日本の元文部科学相で自民党所属の衆議院議員、下村博文氏は27日のフジテレビ番組で、12月に予定されているプーチン大統領の訪日について、安倍首相にとって領土問題を解決するための「最後のチャンスだ」と述べた。共同通信が報じた。

下村氏は、「今回が最後のチャンスだ」と述べ、「ロシアもしたたかなので簡単ではない」との考えを示した。

下村氏はその後記者団に、「ここで解決できなければ未来永劫、『北方領土』問題は解決できないという思いを首相も持っていると思う」と語ったほか、「(北方四島の)帰属問題の解決なくして平和条約締結はあり得ない」と強調した。共同通信が伝えた。

現在、露日間ではプーチン大統領の訪日に向けた準備が活発に行われている。

関連:

「領土問題、日本側はわざと硬軟さまざまな立場を示してロシア側の反応を見ている」10月3日から10月9日まで
安倍首相、領土問題についてプーチン大統領と率直な話を希望
タグ
領土問題, 露日関係, ロシア, 日本
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント