18:23 2017年04月29日
東京+ 23°C
モスクワ+ 10°C
    米国防総省:ロシア軍の電話は有志連合のシリア軍への空爆を制止した

    米国防総省:ロシア軍の電話は有志連合のシリア軍への空爆を制止した

    © Sputnik/ Michael Alaeddin
    政治
    短縮 URL
    41507122

    米国防総省の調査は、ロシア軍の電話は、83人の命を奪ったシリア東部のデリゾールでの有志連合のシリア軍への空爆を制止した。

    ロシア軍は情報を伝えるためにほぼ30分、電話口で待つことを余儀なくされた。米国防総省の報道官が認めた。攻撃が中止される前に、軍用機は4発の爆撃を落とすことに間に合った。

    調査を行ったリチャード・コー米准将はテレビブリーフィングで次のように述べた。

    「ロシア人が電話を掛けた時、彼らはこの件について連絡担当者と話し合うために27分間待った。」

    コー准将はまた、シリア軍への空爆は意図的なものではなく、主に人的要因によって起きたと述べた。コー准将はまた、もし米国側が電話を受けていなければ、攻撃は続けられていただろうとも指摘した。

    米国によって先導されている反ダーイシュ(IS)国の有志連合軍は、9月17日にダーイシュの兵士を包囲していたデリゾールのシリア軍に4発の攻撃を加えた。シリア政府のデータによれば、83人が死亡した。攻撃がなされた後、ダーイシュはシリア軍の陣地に攻撃を仕掛けてきた。

    タグ
    シリア, 米国, ロシア
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント