15:11 2017年03月24日
東京+ 13°C
モスクワ0°C
    岸田文雄

    岸田外相 安倍首相の親書をプーチン大統領へ渡す意向

    © AP Photo/ Eugene Hoshiko
    政治
    短縮 URL
    446039

    日本の岸田外相は1日、ロシアのプーチン大統領に、安倍首相の親書を渡す意向であることを明らかにした。共同通信が報じた。

    なお親書の内容は明らかにされていない。

    共同通信によると、岸田外相は12月2日に予定されているプーチン大統領との会談で親書を渡す考え。

    関連:

    プーチン大統領、対日関係に関する意見を表明
    岸田外相、モスクワ訪問前日に両国関係の新エポックの可能性を語る
    タグ
    露日関係, 岸田文雄, 日本, ロシア
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント

    全てのコメント

    • avatar
      catss4
      領土問題など ありません
      イルミになって 日本人を奴隷にするためのアジェンダを始めた
      維新のことを 公表しなさい。
      今も ISとつながっている 犯罪を公表しなさい。
      そろそろ ホームプラネットに帰ったらどうですか。
    • avatar
      catss4
      安倍が頼ってきたアメリカの勢力が権力抗争で劣勢になり、言論統制の強化を図っている。
      力が急速に衰えている彼らは社会に残っている民主主義的な要素を破壊、支配システムを維持しようと必死だ。
       狂犬のようなアメリカに従っていれば、何をしても許されると考えてきたのが日本の支配層だ。

      1932年の大統領選挙で日本を操っていたウォール街の勢力はニューディール派に主導権を奪われ、日本は中国との全面戦争に突入する。1933年の国際連盟脱退は象徴的な出来事だった。今、日本は似た状況の中にいる。
      plaza.rakuten.co.jp/condor33/diary/201612010000
    新しいコメントを読む (0)