21:11 2016年12月04日
東京+ 14°C
モスクワ-5°C
    ロシアのイーゴリ・モルグロフ外務次官

    露日外相会談を前に露外務次官がコメント露日の領土問題の妥協は両国民の納得のいくものでなければならない

    © Sputnik/ Aleksander Kryazhev
    政治
    短縮 URL
    51122146

    明日3日に予定に岸田外相との交渉は今月15-16日に行なわれるプーチン大統領の訪日準備の最終段階となる。ロシア外務省のイーゴリ・モルグロフ次官はこれに関してリアノーヴォスチ通信に対し、次のようなコメントを表した。

    「外相会談の議題内容はかなり広範に及んでおり、事実上二国間関係をすべて総合するほか、アクチュアルな国際的なテーマも網羅している。主たる関心が向けられるのは露日サミットの内容で、その結果達成される可能性のある合意内容もこれに含まれる。最も重きが置かれているのは、貿易投資分野における協力拡大をどう解決するかという点だ。現在、エネルギー、産業協力、ハイテク、都市環境、医療といった分野での一連の重要な合意の刷り合わせ作業が行なわれている。

    平和条約についてはおそらくは触れられることになるが、私の知る範囲ではこれを深く掘り下げた討論は予定されていない。その実質的な議論は次官級レベルで行なわれている。平和条約交渉における我々の立場に変更はなく、日本は第2次世界大戦の結果を南クリル諸島に関する領土的なものも含め、無条件で認める必要性があるという点に立脚している。これはこの問題についてのいかなる本格的な討論を行なう場合も出発点となるものだ。

    妥協については、問題の相互に受け入れ可能な解決、つまり両国の国民が納得できる解決を模索することだと我々はとらえている。この場合、それを達成するプロセスは露日関係に信頼できる雰囲気を形成し、関係を質的に違う、より高いレベルへと押し出し、なによりもまず実際的な分野での互恵的な協力を行うことを背景にしないでは達成できない。」

    関連:

    露日外相 12月3日にモスクワでプーチン大統領の訪日準備を整える
    露日、経済協力10文書策定、プーチン露大統領の訪日に向け
    タグ
    露日関係, 日本, ロシア
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント

    全てのコメント

    • catss4
      両国の国民という言葉を使わないでください
      日本には 奴隷日本人と いわゆる 侵略者である トカゲ人間と(言われているサイコパス)の両方がいます。
      そうでなければ 領土問題など ありません。

      また ソ連抑留も いつまでたっても ウソをついています。
      あれは 大日本帝国のトップと 取り巻きが スターリンに自らあげたのです、兵士を。
      この種族がいる限り 人間通しの話し合いなどと とらえないでください。
      ソ連の蛮行は 大日本帝国の悪魔性を隠すための トリックとも思います。 日本人は 本当のことを知らないまま 魂を失っています。 一度は タブセ支配の国は なくなるのではなくては カルマの清算ができません。

      〇 あんな惨めな戦争をしたのは近代国では日本だけです。人命軽視、薄っぺらい精神主義の結果があの餓死者でした。
      日本軍ほど兵士を残酷に扱った軍隊もないでしょうね。兵営では上級兵が下級兵を殴る、蹴る、戦争になったらまともな補給もしないでムチャクチャな突撃をさせる、、、

      更に、東條英機の出した「戦陣訓」の為に、散々負けて武器弾薬が無くなり食うものすら無くなって人肉食に追い込まれても、降伏して国際法で保証されている戦時捕虜の保護を受ける事を禁止されていた日本兵は、自殺同然のバンザイ突撃でバタバタと敵の機関銃に倒され、あるいはジャングルに逃げ込んで飢えて死んでいきました。
      戦死者の半数近くは餓死あるいは病死だったと言われています。

      まず、アメリカに戦争を仕掛ける様なバカな事はしなかったでしょう(笑)。

      そして兵士が飢えて死んでいく前に停戦、休戦、あるいは降伏したでしょうね。
      日本軍の場合は命令を出す司令官や参謀たちは安全な場所にいてうまい物を食いながら、「天皇の兵隊がハラが減ったくらいで情けない事を言うな!」と。

      「撤退しても重傷者は連れて行けない。『必ずあとから追い付きますから殺さないで下さい』と泣いて頼む兵士を、こちらも泣きながら殺して帰った」
      日本軍は兵士を残酷に扱いましたが、政府も戦争被害について戦死者の状況などをまともに調査した事はありません。

      ↓マーシャル群島で餓死寸前に米軍の捕虜になって生き延びた日本兵
      img-cdn.jg.jugem.jp/371/2859367/20161023_1808241.jpg

      detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q13144830398

      〇 日本軍に捕まった欧米捕虜の死亡率は ソ連のシベリア抑留の約3倍だと知ってどう思った?
      fox.2ch.net/test/read.cgi/poverty/1400759654

      ☆ 教科書でもウソを 国家神道でもウソを これでは 日本人は 本当を知ることはなく、いつも外部に敵 ソ連だけの蛮行を言っていくでしょう。 
      そんな支配が今も続いているのです。 これは 日本内部の問題であり、異邦人支配であり、それを日本人が倒せないのなら、もはや 領土問題など 話しあう必要はありません。

      これは ひどい、ここまでウソをついて、自己保存で権力を維持し、今も続いていることは、
      ロシアの人々の魂は 傷ついたでしょう、なにも知らない日本人は なにもできず、歴史をしらず、ゾンビになり ・・・

      この形態は 消滅しなければだめです。 領土の平和利用、経済の連携は、少なくとも人間通しでなければならず、第一、ロシアの人々にとって、もはや 国際法にのっとての 自分たちの領土です。

      タブセ族とは、サイコパスです。 それを 吟味して、切るものは切ってください。
      個人的には、ロシアに行く道が残りますように 願っております。

       
    • catss4
      まず スターリンに 兵士と領土を 自ら もらってくださいとしたのは 大日本帝国のやからたちです。 外交文書があるにもかかわらず、まったく 無視できる タブセ軍団の 脳。

      また ヤルタ会談の決定は 大日本帝国に伝えました。 そのことは、日本人サイドからの証言もあります。 そのことも 無視できる 脳
       
      〇 「しかしソ連への攻撃は行われなかった。 日本の宣伝家たちが主張しているような、日本が中立条約の条件を誠実に遂行したからではなく、ドイツの『電撃戦』が失敗し、ソ連の防衛力が同国の東部で維持されたからだ。いつ始まるかわからない日本の攻撃を撃退するための準備として、156万8000人と数千台の戦車や航空機が極東と南の国境近くに配置された。 軍国主義日本の政策が、戦時中に中立条約の規定に違反し、全体として大祖国戦争と第二次世界大戦を長引かせ、ソ連や他の国民の犠牲者を増やしたと考える十分な根拠がある。」

      〇 1945年8月よりもっと前に、実質的に戦争は終わっていた。戦争終結を意図的に長引かせたのは、なにがなんでも原爆実験を成功させる必要があったからというのが真相だろう。
      それを原爆が戦争を終わらせたと偽るのは、極めて悪質なペテン、デマである。
      ameblo.jp/64152966/entry-12166963169.html

      〇 大日本帝国の軍隊は 皇族が指揮をとった。 こんなことは、孝明天皇まではなかった。 だれもさからえなかった軍隊。大日本帝国の蛮行と 嘘を ソ連への悪魔かにかえたのだ。

      ☆ 陸軍も反対していた 中国、米との戦争。 226で陸軍をつぶし 決行した。 そののち、邪魔な陸軍 こうとうは を 広島の原爆でつぶした。 戦争でも トップは無傷。
      ソ連だけを蛮行とするプロパガンダは 国中で始まった、タブセを守るために。
    新しいコメントを読む (0)
    主要ニュース