10:25 2020年09月20日
政治
短縮 URL
0 012
でフォローする

米国の次期大統領ドナルド・トランプ氏はロシアとの関係改善という公約を具体化する際、いくつかの抵抗に直面するだろう。ポリティコが報じた。

ポリティコが取材した十人余りの役人・専門家は声を一つに対ロ関係改善はの不快感を示した。

トランプ氏の対ロ関係改善の試みは、議会、EU、国家安全保障の専門家そしておそらく、新大統領の補佐官の中にも反対を引き起こす。
軍や情報機関周辺ではロシアが伝統的な脅威として認識されていることは言うまでもない。

国防総省幹部イヴリン・ファーカス氏は、情報機関は「これまで常にロシアを相手取って活動してきたのだから、ロシアに対して軌道を大きく修正することは大いなる困難を伴うだろう」としている。

関連:

トランプ氏、米国旗焼却に対し国籍剥奪を提案
トランプ氏の行動規範は巨大ビジネスの利益優先、ロシア人専門家
タグ
ドナルド・トランプ, 米国, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント